車の安全性において高い評価があるベンツ

ベンツ

高級車を作り続けるドイツのベンツは、総合的安全性という観点から、いかに安全にドライブすることができるかを考え続けてきた自動車メーカーです。まずクルマの基本性能が高いのでドライバーが疲れにくく、安全な運転ができます。これはエアバッグやABSなどの機械的な安全を考える前に大切なことです。

そのうえで、事故を未然に防ぐ「アクティブセーフティ(能動的な安全)」と事故の被害を最小限にとどめる「パッシブセーフティ(受動的な安全)」を考えています。

また、衝突までのわずかな時間も諦めないという考えで、安全性を考えています。このわずかな時間が生死を分ける可能性があるからです。最近は、各自動車メーカーのアクティブセーフティに対する技術的進歩には目覚ましいものがありますが、ベンツでもカメラとレーダー技術を駆使して、最適な車間をキープさせたり、安全なレーンチェンジができるようにサポートする安全技術が搭載されています。