バイクハーレーの市場は厳しい?

ハーレーダビッドソン

現代のバイクのハーレー市場は、若年層のバイク離れとともに縮小傾向にあるようです。縮小傾向ではあるもののアメリカ発のHarley-Davidson社では販売台数も増え続けている状況で、各種イベントなどで物でなく体験を通してバイクを提供するという戦略があり、業績ともに好調のようです。

日本でもハーレーの大型モデルとなると、車のベンツの価格に匹敵するほどの価格とはなっていますが1000ccを超える排気量のモデルは2013年においてのシェアは前年からの2%増の推移となっていて人気の高さが伺えます。

250cc以上の排気クラスモデルでは輸入バイクの中でも半分以上となっているシェア率で日本国内においても健闘しています。ハーレーの販売形態は多くがHarley-Davidson社との契約を通じての正規販売店として販売されていて、経営する経営者のHarley好きな企業努力によって販売の健闘している理由でもあるでしょう。