ベンツは普通車から高級車まで製造している

高級車ベンツ

ベンツといえば日本では高級車の代名詞のようなものですが、これは少し誤解があります。

たしかに世界中で高級車として認知されている部分はありますが、ベンツ自体は普通車から商用車まで製造をしているメーカーであるため、必ずしもお金持ち専用というわけではないのです。

ただし、日本に入ってくるものに関しては庶民が乗るようなものではなく、社会的な地位が高い人たちが乗るようなタイプのものが中心に輸入されてきているのは事実ですから、日本人にとってはお金持ち向けというイメージが生まれてしまうのも無理は無いといえます。

上位のクラスのものに関しては超一流のメーカーだけに、性能や安全性というのはずば抜けたものがありますからお金のある人にとっては、多少高くてもそれだけの価値があるものとなっています。

しかし、普及価格帯のものに関しては国産のものと比較をして大きく優れているというわけではありませんから、安くて性能の良い日本ではこの辺りの価格帯の車種は入ってきにくいため、結果的にベンツイコール高級のイメージができあがっています。