ハーレーはクルーザー系のバイクの代表格

ハーレーダビッドソンロゴ

バイクと一口に言っても、実は目的によって色々なタイプに分けることができます。日本でよく見られるバイク師ネイキッド系と呼ばれるもので、色々な用途にまんべんなく使いやすいのが特徴です。

しかし日本で人気のあるタイプはそれ以外にもあって、特に多くのバイク好きに愛されているのが、アメリカンタイプとも呼ばれるクルーザー系です。このタイプの構造は、直線が長くて起伏が少なく道路を走行するのにマッチするようになっており、そういった道路が多いアメリカでよく用いられています。そんなクルーザー系を販売するメーカーの代表格と言えるのが、日本人にも非常に人気が高いハーレーです。

このタイプを最初に生み出したのは違うメーカーではあるものの、多くの人たちに愛される存在へとその価値を高めて行ったのは、まぎれもなくハーレーだと言えるでしょう。このタイプはハーレーのバイクの特徴としてよく挙げられるように、全体的なサイズは大きいのに比較的車高が低く、トルクを重視したエンジンが搭載されているといった特徴を持っています。

V型エンジンを搭載したハーレーのバイク

ハーレーエンジン

ハーレーダビッドソン製のバイクは世界的に人気があります。日本でも同社のスタイルを模倣したオートバイはアメリカンと呼ばれ人気です。アメリカンスタイルのバイクの大きな特徴はカスタム性の高さにあります。オートバイの様々なパーツを自分好みのものに交換することで、独特のスタイルを出すことができます。また一般的なハーレーダビッドソンのオートバイにはV型2気筒エンジンが搭載されています。

同社のV型2気筒エンジンは各気筒が45度の角度で配置されており、バルブを駆動するシステムはOHVです。バルブ駆動システムには歴史の古い順にサイドバルブ、OHV、OHC、DOHCが存在します。OHVはバルブを駆動するシステムの中でも古い方に分類されますが、ハーレーはこのタイプのシステムにこだわり続けています。

同社のバイクの多くが700㏄を超える空冷OHVエンジンを搭載しており、2気筒のエンジンが力強いトルクと独特の乗り味を生み出しています。

高級車の代名詞と言えば「メルセデスベンツ」

タイヤ・ホイール

特に男性の価値を表現する意味合いで用いられる「ステータス」という言葉には、「良いものが良いということを知っている」と言ったニュアンスが含まれています。たとえば、高級車の代名詞とも言える「フェラーリ」「アルファロメオ」「メルセデスベンツ」などは、車に興味を持っているかどうかに関係なく「良いもの」だと認識することができます。

むろん、「トヨタ」「プジョー」なども十分な品質を持っていますが、イメージとしては二番手以下とみられてしまうことが多いです。しかし、本当にステータスが高い男性は、たとえばトヨタの中で最もパフォーマンスに優れた車をしっかりと認識することができます。

良いものを見て「良いものだ」と評価できることはもちろん大切ですが、未だ誰も見つけていない良いものを見つけられることも大切です。大衆が「良い」と言っているものだけではなく、本質的に「良い」と評価できるものが何かを見極められるような眼を持つことが重要です。