輸入車でベンツの人気が高い理由

車内

輸入車の中で最も人気が高いクルマを国別に見ると、ドイツが群を抜いています。大衆車ではフォルクスワーゲン、高級車のベンツがよく売れているようです。

人気が高い理由は何でしょうか。簡単に言えば魅力があるからです。高いお金を払ってでも手に入れるだけの価値があると認めているからです。たとえばベンツといえば、圧倒的なステータスの高さがあります。ステータスの高さを作り上げてきたのは、頑固なまでに品質を下げず、高品質なクルマ作りを行ってきた賜物と言って良いでしょう。

また、最近は若い人でも何とか手が届きそうな300万円前後から購入が可能なった価格も人気の要因となっています。国産車で人気のプリウスでも上級グレードになると300万円することを考えると、同じ価格でベンツが買えてしまうわけです。しかも、見た目も走りの質も比べ物にならないほど高級感があります。よく売れている理由がわかることでしょう。リセールバリューが高いのも魅力です。

高級車ベンツのエンブレムの意味は?

メルセデスベンツのエンブレムといえば3ポインテッドスターですが、一目見てベンツとわかります。このデザインは合併前のダイムラーとベンツのそれぞれのエンブレムを合体させたデザインとなっており、この3点は陸、海、空を意味していると言われます。つまり、各分野でも会社が繁栄するようにとの思いが込められているとのことです。

ベンツのエンブレム

自動車メーカーでは、それぞれシンボルマークがあります。国産車の場合はトヨタなら「T」、ホンダなら「H」、マツダなら「M」という具合に、会社名の頭文字をもとにデザインされている場合が多いようですが、スバルのように星をちりばめたマークを採用している場合もあります。

また、ドイツのアウディは円を4つ重ねたデザイン、イタリアのアルファロメオは蛇が描かれた紋章のようなデザイン、フェラーリは馬のデザインされているなど、実に様々なデザインがあります。いずれにしても、多くの人に認知してもらうまでには時間がかかるものです。