ハーレーのバイクに搭載されたツインカムエンジンとは

ハーレーのエンジン

エンジンには吸気バルブと排気バルブがありますが、それらの開閉をカムシャフトが制御しています。バルブを駆動するシステムにはサイドバルブやOHV、OHC、DOHCがあります。サイドバルブは最も古いバルブ駆動システムで、バルブとカムシャフトがエンジンの横にあります。初期型のハーレーのバイクはサイドバルブが主流でしたが、現在はOHVが主流となっています。

OHVとはオーバーヘッドバルブの略称で、バルブがエンジン上部にあります。OHVのカムシャフトはエンジンの横についています。

OHCはオーバーヘッドカムシャフトの略称で、バルブとカムシャフトがエンジン上部にありますがカムシャフトは1つです。DOHCはダブルオーバーヘッドカムシャフトの略称で、カムシャフトが2つあります。通常ツインカムと呼ばれるのはDOHCです。一方ハーレーのバイクにはOHVエンジンでありながらカムシャフトが2つになったものが存在し、ツインカムと呼ばれています。