車の所有に欠かせないベンツの気になる維持費

ベンツ正面

車といえばガソリンを始めとして、保険の加入や自動車税など、何かと負担が発生するのが特徴です。国産メーカーであれば、身近に乗っている人達が少なくありませんから、実際にいくら必要か比較的簡単に知ることが出来るでしょう。

しかし、海外メーカーとなれば話は別で、耐久性やパーツ交換の必要性、オーナーの母数を含めて事情が異なります。例えば、ドイツメーカーのベンツは高級車に分類されるので、年間維持費は国産よりも高く、クラスによっては更に高まります。

ただ、ベンツが高級だとしても法外な費用は発生しませんし、具体的には年間30万円もあれば大抵は十分です。初回の車検は若干費用が高めになりますが、以降は30万円前後からそれ以下に落ち着くはずです。

ベンツのSクラスであっても、走行距離が年1万キロ程度なら、年間で発生する費用は10万円台に収まることもあります。

ガソリン代が別に計算されているケースもありますが、それでも決して桁違いの大食いではないことが分かります。外装が劣化して交換が必要になったり、走行距離が長いとパーツの交換時期は早まりますが、このような出費があるとしても維持費は現実的です。