バイクでもハーレーの外観を綺麗にすることは必須

メーターとグローブ

バイクに興味を持っている方の中には、大型バイクとして有名なハーレーの購入を行う方も大勢存在しています。大排気量で存在感の抜群な乗り物として知られているように、高額ではありますが十分な価値を持っている乗り物としても有名です。

ハーレーを所有している方の場合では、その外観に注目することができます。カスタムパーツなどとしてイメージチェンジを行っている方も多い傾向にありますが、ボディ部分に対しては常に綺麗にメンテナンスを施すことも大切なことです。

洗車を行う方法がメインとされていて、錆や油汚れ、土汚れなどが目立ってしまう前に洗車を行うことは基本です。水道ホースで水をかける場合では、前面から後部にかけて流すことも基本とされていて、上から下へと水を流す方法でトラブルを避けることができます。

洗車後に関してはワックスを利用したり、コーティング剤を利用する方法もあります。レザー部分に関しては専用のクリームを塗布する方法で、常に外観を綺麗に保つことに役立つと共に、車体を長持ちさせることが可能になります。

カリスマ的自動車メーカーであるドイツのベンツ

ベンツ正面

バイクにおけるカリスマ的な存在がハーレーだとするなら、車におけるカリスマ的な存在といえるのがドイツのベンツでしょう。カリスマ的な存在として世界的に認知されるには、それだけの理由があります。

お互いに独特の世界観を持っています。ハーレーであれば、圧倒的な存在感のある外観や大排気量空冷 OHV、V型ツインエンジンがもたらす独特の鼓動感などをあげることができるでしょう。ベンツであれば、高級車のみを作り続ける拘りやステータスの高さ、高い安全性などもあげることが出来ます。

ただ、このようなカリスマ的な地位に上り詰めるまでには長い歴史があります。たとえば、ベンツという会社が設立されたのは1800年代の後半で、世界で初めてエンジンを搭載した3輪の自動車を開発しました。数々のモーターレースにも参加して名をはせていき、現在に至ります。その歴史の中で培われてきたブランド力や独特の味は、他のメーカーが簡単に真似のできるものではありません。