高級車ベンツの1番人気はCクラス

ベンツ

ドイツの高級自動車メーカーであるメルセデスベンツで最も安いエントリーカーがAクラスです。日本では300万円を切る価格から販売されており、大人気となっています。存在感のある押し出しいの強い外観はメルセデスベンツならではで、室内も高品質にまとめられています。

最も良く売れているのは中型車のCクラスです。価格は400万円台前半から650万円となっており、国産車としてライバルとなるクラウンより若干高い位置づけですが、スポーティな走行性能には定評があります。エンジンは1600cc~2000ccが搭載されています。サイズ的にも日本の道路事情にあっており、ワゴンやクーペなどを選ぶこともできます。

さらにベンツのフラグシップモデルになると1000万円以上となり、上級グレードになると3000万円近くにも価格は跳ね上がります。エンジンのパワーも走りの質も、さらには高級なインテリアも、どこを見ても高級車として恥じない出来栄えです。