美しいフォルムを持つドイツの高級車ベンツCLA

ベンツ

メルセデス・ベンツと言えばドイツを代表する高級車で、従来は一般人には手の届かないクルマと考えられていました。

廉価車というイメージが欧米に比べて高かった日本のクルマですが、近年、先進化が進み自動ブレーキやバックセンサーなどの衝突防止装置が設置され、高級化及び高額化したことで、日本のクルマのイメージも大きく変わりました。

一方で、欧米のクルマは原油価格が不安定な相場を形成する中、苦戦を強いられており、ここのところダウンサイジング化されるクルマが多く、ベンツも2000cc以下のモデルが多く市場に出てきました。

日本で販売をスタートした「CLAシューティングブレーク」はステーションワゴンでありながら、スポーツクーペ同様のスタイリッシュなフォルムを持ち、他のステーションワゴンにはないテールゲートトップからリアバンパーまでの傾斜を強くし、ステーションワゴンの概念を大きく変えました。

国産高級車に勝る高級感と最高のフォルムを備えて、日本市場にでのシェア獲得を狙っています。