ハーレーは「バックギア」が付いた珍しいバイクです

ハーレーダビッドソン

通常、バイクは「前進のみ」可能なのですが、ハーレーなどのように一部のバイクには「バックギア」が搭載されている場合があります。主に、取り回しが大変な「大型バイク」に搭載されることが多いのですが、これがあることによって取り回し性能が格段に良くなります。

仕組みは比較的単純なもので、通常は前進方向に動いている動力をギアを組み替えることで後退方向に動くようにするだけです。要は、自動車がバックをする仕組みと同じようなものになるのですが、自動車の場合は転倒する心配がないのに対してバイクには転倒の可能性があるため、十分に注意をしながら使用することが大切です。

あくまでも「取り回し補助」が目的の機能であるため、そのままの状態で通常通り走行することはできません。ただ、しっかりと仕組みを理解していないと転倒などにつながるリスクが高まってしまいます。全体的にみて、バックギアを搭載している車両は少数派ですが、知識として知っていると良いでしょう。